美容師として

IMG_2772

こんにちは福本です

初めまして。

長崎県佐世保にて「auraアウラ」というサロンと

そして長崎市桜馬場のさくら鍼灸整骨院内にてヘアエピテーゼの方も担当させていただいてます。

福本 江里(フクモト エリ)と申します

 

経歴

17才から地元(五島列島)で美容室に勤務。

18才地元を離れ佐世保市に移り住みました。市内の美容室に勤めながら美容学校を卒業。

20才の頃、今まで1人で私を育ててくれた母が、肝臓癌を患い仕事から少し離れる決意をし

毎日母との時間を大切に共に二人三脚で歩んだ母との闘病生活。

本当に沢山のコトを身を持って体験した1年半。その後母は他界。

22才仕事にも復帰し結婚し出産。

28才のとき突然五島の病院から「◯○さんはあなたのお父さんですか?」

何十年も会ったことのない父のことで、身内が居ないとからと呼ばれました。

病名は肺癌。ステージ5からだ全身に転移し治る見込みどころか、余命3ヶ月と告げられました。

母との闘病生活がフラッシュバックしていくように浮かびました。

一緒に暮らしたコトもない父でしたが、、その3日後佐世保に連れて行く決意をしました。

仕事を辞め父の看病に専念し、まだ幼い娘を抱え1人で不安もありました。

でも、育ててもらった覚えもない父でしたが、ただ生きてほしかった。その思いだけでした。

母の時と同じ用に抗がん剤治療、放射線治療、髪も抜け落ち、モルヒネ、毎日が真っ暗でした。

それから父は1年後他界。

30才のとき今度は自分自身が子宮ガン検査でひっかかり、去年9月に手術を受けました。

早期発見で今のところは3ヶ月置きの検診のみです。

そして今のauraとの出会い、このヘアエピテーゼとの出会い

今まで美容師として仕事をしてきた経験、癌で両親を亡くした経験。

両親も私が手に職を持ち美容師になったことを本当に喜んでくれていました。

それらすべての経験をいかし今後は、少しでも皆様に元気を与えお役にたてるように

頑張りたいです。

 

初めまして吉川です

 

長崎県佐世保にて「aura アウラ」というサロン
そして長崎県桜馬場のさくら鍼灸整骨院内にてヘアエピテーゼの施術、提供をさせて頂いております
吉川勇樹(ヨシカワユウキ)と申します。

美容師として今と成れば分かる事が多々有ります

しかしあの時、あの時点では出来なかった

東京でいよいよ美容師に成った僕に祖母から連絡があった

「最近薄毛の気に成り始めたけん、東京ならよかウィッグの有るとやろ
買いたかけんちょっと探してみてくれんね!」

若くて奇抜なファッションにしか興味が無かったし、美容ブームで盛り上がっていたサロン内に
ウィッグが置いて有るはずも無く
知識も、触った事も無く

祖母からの要請をほぼ無視したも同然だった

そして佐世保にサロンを設立したが

祖母もうウィッグは必要として無かった

 

 

 

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る