ウィッグの毛質種類について

IMG_3286

 

先日他社製品のウィッグカットをさせて頂きました

某大手メーカーの製品です

耐熱性の有る毛質との事で部分的にアイロンでストレートに仕上げ

後ろ部分は元々の髪質の様にクセ毛風にとの仕上がりに致しました

 

IMG_3287

 

耐熱性のウィッグはまたここから枝分かれいたします

ドライヤーなどで乾かす事が出来る 耐熱性

アイロンで仕上げると形状記憶になり、毛質も綺麗になる 耐熱性

アイロンを使えるが 洗うと元に戻る 耐熱性

仕上がりの質感が毛質によって変わってきます

ツヤが有り サラサラで柔らかな毛質

マットな質感で少し固めな毛質

好き好きも有ると思います。

 

 

 

 

毛質によってメンテナンスの仕方が変わって参ります

特殊な薬剤を使わないと対応できない場合も有ります

これから初めて医療用ウィッグ・オシャレウィッグを使われる方は

1、自宅でのメンテナンスの仕方、(シャンプー・トリートメント・毛のダメージを治す等)

2、ヘアスタイルのスタイルチェンジ方法

この二つは買われる時にお聞きした方良いと思います(金額)含む

治療中、カツラメーカー、サロンに足を運ぶのが嫌な時も有ると思います

自宅でもでも出来るメンテナンス方は有ります(毛髪の種類により)

手が掛からない、手間がかかり過ぎないウィッグ選びをオススメ致します

 

image

 

 

 

ヘアエピテーゼのウィッグは

毛質マッド仕上げの、アイロン処理で形状記憶に成るウィッグです

色々なウィッグを見られてからご購入ください

 

 

ありがとうございます。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る